FC2ブログ

【設定紹介】ラルク・クローディス

それでは第一回目の記事はラルクの設定に関してです。
自由設定200文字じゃ全部おさまんないんですよね…

それなのでここで一気にどばーって説明するのも悪くないかと思って作ってみました。
一応決まってる部分が少ないですけどね…
背後的にはキャラの設定作るのすっごい好きなんです!

今回ラルクのキャライメージとしては
「特別な力や特殊な設定をある程度排除したキャラ」を初期コンセプトにしてます。
ふつーの一般人がどのぐらいまで強くなれるか…っていう挑戦ですね。
ちなみにここで言う強くなるはステ的な意味ではなくリアクションの描写として…です。

そんな訳ですこーし長いので折りたたんでおきます。
よろしかったらどうぞ!
ラルク・クローディス (実年齢19歳)

■過去設定
物心付いたときから一人だったために親の愛を知らない。
アインと出会ったのは9歳の頃でアインに拾われてからは武術とかを学ぶ。

幼い頃から厳しい環境にさらされておりその所為で味覚がおかしくなっている。
たとえ、毒物だろうがなんだろうが食べてしまう時がある。
ただ、毒に強いというわけではないので、毒物を食べればやっぱり倒れる。

パラミタに上った後はキマク周辺で狩りをしながら生活していく事に
これは元々アインが放浪するのが好きなのが影響しているため。
バックパッカーになったのも多分宿生活よりもそっちの方が慣れてるだけという事

■今
砕音という恋人ができた事によって強さを求めるようになる。
日々、修行の毎日であり筋肉を鍛えるのに余念がない。
現在ラルクが自分の中に課してるルールがある。

・砕音がどんな存在であろうと受け入れる
・出来る限り暴力は振るわない

■性格
豪傑で陽気。
誰に対しても言葉遣いを変えないため、固い人からは礼儀知らずと思われることも?

強くなる事を信条としておりストイック。
ただ、砕音に対しては物凄く甘い。

普段は明るくよく喋り表情も出すのだが
切れると無表情になり無口になる。そして性格も冷酷なものに変わる。

■その他
使用武器は拳、銃
ヒロイックアサルトは鬼の力を借りて身体能力を向上させる【剛鬼】
身体能力向上は実力ではないと思っているため本気を出す以外では滅多に使わない。

光条兵器はナックル型で右手にはめて使うタイプ。
ラルクの意思1つで光弾を飛ばし敵を撃つことも可能。

超感覚時には狼の耳としっぽが生える。
ただ、それが恥ずかしいためあんまり使いたくない。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラルク

Author:ラルク
ここは俺の血と汗と筋肉が脈動するかもしれねぇブログだ!
…いや、まぁーそれは嘘として…

多分背後の呟きとかそういうのが多くなりそうな予感がするな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード